お酒の呑みすぎで肝臓が悪くなってしまったら

こちらは、お酒が大好きで若い頃からどれだけ飲んでも二日酔いにも
ならず 健康医療で引っかかることもありませんでしたが32年齢を過ぎた時分によって呑みすぎるって過日残らなかった酒が、次の日に残るようになり 背中の合間の右端の方がしんどく 掛けるようになりました。

その時に健康医療の血検査の結果 γGDPが600を超えてしまい 悪玉コレステロールもヤバイ結果になり エコー検査では、脂肪キーポイントとまで医療されました。

その時に先生に言われた事が、このまま酒を呑み続けると肝硬変になるぞ 肝臓は、一度壊れたら、再び元には戻らないと言われました。そうして凄いつらいとも言っていたと思います。

過去 私のおじいさんもお酒が好きで朝から飲んでたが、肝硬変になり二たび発作が起きて敢然とお酒を止めました。その時に思ったのが あれだけ、お酒が好きだったおじいさんがお酒を打ち切るほどの激痛だったのだと思い、おっかなくなりました。

こちらは、その日によって約半年ほど、お酒を飲まず 肝臓に大してかわいらしく無い 油濃い物体も避け、自家用車通勤から列車に変え 帰りは買い替えの列車に乗らず 三ターミナル 約50分レベルかけて歩いて帰宅するようにしました。

その後約半年ぶりに再検査をしたサロンγGDPは、スムーズ値打に帰り
悪玉コレステロールも減り肝硬変にもならずにすみました。先生がいうには、肝臓の薬 劇薬などは、なく 焼酎性の物ならお酒を除け 食事を改善して、運動をする事で肝臓は、回復するそうです。

過去こちらが体験した事ですので過失無い過去だ。エイジングケアに欠かせない抗酸化力が強いN-アセチルシステインでシミを取りたい。