膝の痛苦は疎ましい、20代から関節痛に悩まされて来ました

空模様が悪いと関節が痛みます。わたしは以前に膝関節を痛めてしまいました。そしたら身の回り関節痛と戦っている。

わたしが膝関節を痛めたのは20代後半のシーンだ。仕事中に重いものを持ってバランスを崩してしまい、その時に片方の膝をぶつけてしまったんです。

仕事中だったので違和感を感じながらも労働を続けました。疲れていたので、家に帰って来てアッという間にベッドに入ったのですが翌朝痛くて歩けない程の激痛が襲ってきました。

アッという間に医者に行き、診断してもらったポイント、膝の軟骨が潰れて炎症して水も溜まっているとのはなしでした。役割を管理しながらケアの身の回りが始まりました。

毎日脚を軽々しく固定してもらったり、電気をかけ湿布を貼ったり、水を抜いたりケアを続けてきました。

炎症が良くなっても痛みがとれなくて、膝に負担がかかっては駄目との事で味方をつけて家計したり、グレードをやめてエレベーターを使うようにしました。

走り回るのも阻止、膝に負担がかかるから減量もすすめられました。

それから数年経ちますが、膝の軟骨はとにかく負傷すると元に戻りません。若くても関節痛に耐える自分もいる。それを理解して貰えたらうれしいです。

自由に移せる、歩いても痛みを感じないって当たり前のように思うかもしれませんがそれってはなはだ贅沢な事です。http://www.enehen.jp/